インド製の勃起不全治療薬の添付文書の必要性

インド製の勃起不全の治療薬は日本製に比べて価格が安いのですが、医療機関で手に入れることができないので、個人輸入を利用して購入しなければなりません。個人輸入の場合は副作用などの起きた場合は全て自己責任なので添付文書をよく読んでから購入する必要があります。インド製の薬は日本やアメリカで作られたものに比べて品質が低いとされていますが、実際には近代的な工場で衛生状態などの管理も徹底しているので本物に関しては品質のより薬が多いとされています。しかし勃起不全の治療薬は世界的にも需要が大きいので偽物が多く流通していて、日本の個人輸入業者に依頼をして購入しても確実に本物が手に入るとは限りません。信頼できる個人輸入業者はジェネリック医薬品のメーカーから直接購入できるので、本物である確率が高いのですが、直接購入をしても荷物の経由地ですり替えられることが多いので、商品が届けられたら中身を確認してから服用しなければなりません。添付文書は英語などで書かれていることが多いので、個人輸入業者のサイトや薬の説明をしているサイトを利用して副作用や飲み合わせに関する情報を手に入れてから服用しないと健康に対するリスクが高くなります。勃起不全は病気によるものの場合は原因となっている病気の治療をすると改善することが多いのですが、ストレスが原因の場合は、不安や緊張をなくさなければならないので専門のクリニックなどを受診して適切な治療しないと、再発する恐れがあります。ストレスによる勃起不全は認知行動療法などで根本的に治療をすると再発をしないとされているので、勃起不全の状態が長引く場合には薬を服用するだけでなくカウンセリングなどを利用する必要があります。

ページの先頭へ戻る